読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nature Mind - 森との共生 -

未来を担う子どもたちのために。

ツリーテントで迎えたブリュッセルの森  ~ ミーティング その1 ~

初日の朝の森は、

あいにくの小雨模様でした。

 

しか~し、

時差ボケもほぼ感じず

気持ちよく眠れ、

 

目覚めると

ホテルと勘違いするほどの快適さ!

 

なんだこれは!!

 

 高い位置にあるからなのか?

 

ここがヨーロッパだから?

気分が高揚しているからなのか?

 

不思議な感じ。

 

疲れもなく爽やかな朝を

迎えることができました!

 

これは

 

「Tree Floor」

 

という商品の小さいバージョンで、

写真を見てもわかるように

f:id:NatureMind:20151002193850j:plain 

簡易テント(ケシュア)を載せて

シングルベッドを配置したもの

なんですが、

 

とても良かったです(^O^)    

 

高さは約5mほどでしょうか。

 

これは古いバージョンで、

今制作中の新バージョンは

30~40%ほど大きくなり、

何点か改良をしております。

 

f:id:NatureMind:20151002193926j:plain

入口と反対側にはテラスになる

小さなスペースがあり、

 

そこからはご覧の景色が。

 

昨日の夜は、

真っ暗な森の中を

このトラクターでツリーハウスへ

移動してきました。

 

 

運転はブルーノさん。

視界に入る敷地は、

全部ブルーノさんの土地だそうです。

f:id:NatureMind:20151002193957j:plain

昨夜は真っ暗だったので

わかりませんでしたが、

 

心地よい森と牧草地を抜けると、

大きな石造りの建物が見えてきました。

 

 

これがブルーノさんの別宅だそうです(^_^;)

f:id:NatureMind:20151002194024j:plain

 

 

石造りの建物を通り抜けると

石畳のエントランスに続く、

静かで雰囲気のある中庭。

f:id:NatureMind:20151002194107j:plain

 

 

ヨーロッパではよくある造りみたいですが。。。

f:id:NatureMind:20151002194118j:plain

石で建てられているだけあって、

木造の建物とは違う重厚感と歴史を感じる。

 

 

中庭に面してある、

打ち合わせスペースにて。

 

フランス語、英語、日本語と、

お互い意思疎通に集中。

 

双方、共通の想いがあるゆえに

妥協はしません!(^_^;)

 

良い物を創る為です!

f:id:NatureMind:20151002194216j:plain

 

 

アーボリスト(※)でもあるブルーノさんの話は、

森に対する愛着や想いがひしひしと伝わります。 

 

※・・・アーボリストとは、樹木専門の知識と高い木の剪定・メンテナンスの技術を持った樹木専門のスペシャリストのこと。

f:id:NatureMind:20151002194246j:plain

お互いに話が尽きることはありませんが。。

 

一旦休憩を挟んで昼食にしましょう

ということで。